最近”地域力”という言葉をよく耳にします。NHKでは「ご近所の底力」という番組で隣近所のつきあいの中での様々なトラブル、悩みを解決した話題が紹介されています。
 こんな時代を受けて「公民館」の存在も大きくクローズアップされています。公民館では、趣味や教養、さらにふれあいを深めるいろいろな行事が展開されています。
 公民館は地域の「コミセン=コミュニティーセンター」です。もう一度、お近くの公民館に足を運んでみて下さい。きっと皆様方の新しい”生きがい”が見付かると思います。
 私自身、大阪、広島、岡山などあちこちの公民館に出かけ様々な“ふれあい”を続けています。仲間もずい分とふえました。


■生きがいとは…
 年金はめべりするし、医療費はじりじりアップ、銀行の利息はスズメの涙(いや涙も出ない状態)。こんな時代をどう生き抜けばいいのか、自助努力が大切です。つらいことぐっと心に飲み込んで、しっかりと生きていきたいものです。
 キーワードは (1)健康 (2)趣味 (3)学習 (4)社会活動 (5)友人づくり …



〜〜〜〜〜

 岡山市の高島公民館(086-275-1341)では毎月1回「ロイワイ塾」を開催。メンバーそれぞれが新聞の切り抜きなど持参。意見をのべあっています。また「お茶の間時事講座」(原則第4土曜日午前10時から)でも、活発な意見を交換しあいます。






(C)2005 KobaKen.
All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster.


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー