国連には、NPO(核拡散防止条約)とCTBT(核実験前面禁止条約)という2つの核抑止に向けた条約がありますが、現実は完全に守られていません。インド、パキスタンが核実験を強行し、北朝鮮も持っているのではないかといわれています。
 私は中学2年のとき被爆しましたが、たまたまその日学徒動員で宮島近くの軍事工場に学徒動員で出かけ紙一重助かりました。爆心地から約1.7キロの我家にいた祖母は犠牲となりました。親戚は半分以上が亡くなりました。
 あらゆる国の核を憎みます。核戦争になったら、かけがえのない地球は完全に滅びます。地球市民みんなで連帯し、手を握り合い声を大にして核廃絶目指し頑張りたいものです。
 私は、自分の“目”で見た核の恐ろしさ、悲惨さを訴えたいと思います。いまなお、被爆の後遺症で悩んでいる友人がいます。
 昨年(08年)7月、アメリカ・ブラジルの大学生
およそ50人が岡山理科大学に研修旅行でやってきました。私は被爆体験を語り「地球市民レベルで核廃絶を目指そう」と訴えました。オバマ大統領も核廃絶を呼びかけています。
 最後は、学生たちと肩をくんで、日本の童謡「故郷」と「さくら」を大合唱しました。
 また、公民館や小中学校でも“あの日”の記憶をたどりながら自分の体験を語っています。自分史グループの作品『唐椿』でも友人たちと思い出を綴っています。(「自分史」の項を開いてください)
 「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」




04.8.23 阪神版 毎日新聞





(C)2005 KobaKen.
All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster.


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー